October 23, 2019 / 6:21 AM / a month ago

EU離脱期限の延期は不可避か


*15:18JST EU離脱期限の延期は不可避か
 英国議会は22日、ジョンソン英首相が欧州連合(EU)と取り決めた離脱協定案を迅速に成立させる計画を阻止したことから、10月31日までに9日間で英国をEUから離脱させること(首相の計画)は極めて困難となった。報道によると、ジョンソン首相は短期間の離脱延期に同意する可能性があるとみられている。ただし、離脱期限を来年1月末で延期することは総選挙の実施につながるとの見方が出ており、英国のEU離脱を巡る情勢は依然として流動的。

 市場関係者の間からは、「離脱期限を来年1月末まで延期することがジョンソン政権にとって妥当な選択となる」との声が聞かれているが、EU側の対応次第となる。トゥスクEU大統領は22日、「2020年1月末までの離脱延期でEUメンバーに助言を求める」と述べており、英国の離脱期限が来年1月31日まで延期されることは容認される可能性があることを示唆した。ただし、英国以外のEU加盟27カ国が離脱延期に合意しない可能性があるため、合意なき離脱のリスクは消えていない。目先的にリスク選好的なポンド買いはさらに縮小する可能性がある。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below