October 25, 2019 / 10:49 AM / 20 days ago

ECBの包括的な金融緩和策に検討の余地あり?


*19:40JST ECBの包括的な金融緩和策に検討の余地あり?
 欧州中央銀行(ECB)は24日開催の理事会で、主要政策金利を据え置くことを決定した。11月から月額200億ユーロのペースで資産買い入れを再開し、これを必要な限り継続することも確認した。ドラギECB総裁は会見で「大規模な緩和政策が長期にわたり必要」との見解を表明し、この発言を意識してユーロ売りが優勢となった。現在−0.5%の中銀預金金利についてドラギ総裁は「マイナス金利の評価は非常にプラス」との見方を示しているものの、「ECBはマイナス金利の副作用を監視する」と述べており、市場関係者の間からは「預金金利のさらなる引き下げの可能性は低い」との声が聞かれている。

 市場関係者の多くは「ECBの金融政策は当面変更なし」と予想しているようだが、複数の理事会ンバー(中央銀行総裁)が資産買い入れを含む包括的な金融緩和策に反対していることから、一部の市場関係者は「毎回の理事会で資産買い入れの有効性などについて検討されるのではないか」と見ている。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below