November 26, 2019 / 10:10 AM / 10 days ago

米中通商協議は視界良好となるか?


*19:06JST 米中通商協議は視界良好となるか?
 中国メディア「環球時報」によると、米中通商協議について「第1段階」の合意は非常に近いとみられている。報道によると、中国は「第2段階」、「第3段階」の合意に向けた協議を継続していく意向を米国側に伝えているようだ。ただ、関税の撤回については一部で見解の相違がみられることから、さらなる協議が必要になるようだ。市場関係者の間からは「今月中に米中が第1段階の合意に達することが完全に保証されているわけではなく、協議の進展を慎重に見極める必要があることに変わりない」との声が聞かれている。

 それでも、中国の習近平国家主席が、「相互尊重と平等の原則に基づき、米国と第1段階の通商合意をまとめたい」との意向を示していることから、第1段階の年内合意の可能性は高まっているとの見方が増えている。なお、香港問題について、中国外務省報道官は25日、「現時点では香港の暴力を止め秩序を回復させることが最優先課題」と述べたが、第三者による香港への介入を拒否する姿勢を強調しており、この件についてトランプ米政権の対応が改めて注目されそうだ。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below