January 9, 2020 / 5:22 AM / 11 days ago

中東情勢の緊張緩和で米国経済の現状が改めて注目されるか?


*14:15JST 中東情勢の緊張緩和で米国経済の現状が改めて注目されるか?
 トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで演説を行っており、「イラン報復攻撃による被害は最小にとどまった」、「軍事力行使はしたくない」などの見解を伝えた。トランプ大統領は、「イランは核兵器開発を断念し、テロリズムの支援をやめるべき」と訴えているが、米国とイランの双方は大規模な軍事衝突を回避する方向で一致しており、この動きを意識してリスク回避的な取引は大幅に縮小した。

 中東情勢の緊張緩和を受けて、米国の経済情勢が改めて注目されそうだ。8日に発表された12月の米ADP雇用統計は、前月比+20.2万人で市場予想を上回る雇用増を記録した。この数字は10日に発表される12月雇用統計の参考資料となる。現時点で12月の非農業部門雇用者数は前月比+16万人程度と予想されているが、20万人近い雇用増となった場合、リスク選好的なドル買い・円売りが強まり、ドル・円は109円台後半まで買われる可能性があるとの見方が出ている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below