March 17, 2020 / 12:49 AM / 4 months ago

各国中央銀行は現行の危機対応モードを当面維持する見込み


*09:42JST 各国中央銀行は現行の危機対応モードを当面維持する見込み
 16日のニューヨーク市場では、新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に深刻な影響を及ぼすとの懸念が再び強まり、リスク資産を圧縮する動きが観測された。米連邦準備制度理事会(FRB)は、15日に臨時会合を開催し100ベーシスポイント(1ポイント)の緊急利下げを決めたものの、株式などのリスク資産から安全資産とされる米国債への投資家の資金シフトは続いているようだ。市場関係者の間からは、「FRBを含めて各国中央銀行は危機対応の体制に転換しているが、市場が本当に求めているのは新型コロナウイルスの感染拡大を抑制し、できるだけ早い時期に感染拡大が終息することである」の声が聞かれている。

 金融危機への対応としては妥当との見方が多いものの、根本的な解決策ではないことから、金利引き下げや市場流動性を維持しても金融市場の不確実性が低下することは期待できないようだ。ただし、各国中央銀行による取り組みがなければ、金融市場は著しく混乱する可能性があるため、各国中央銀行は現行の危機対応モードを当面維持することを余儀なくされそうだ。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below