May 22, 2020 / 5:48 AM / 11 days ago

国家安全法導入の場合、米中対立はより深まる可能性も


*14:43JST 国家安全法導入の場合、米中対立はより深まる可能性も
 21日のニューヨーク市場では米国株式が反落。米国と中国の対立が続いており、両国の通商合意の先行きが不安視されていることが株価指数を圧迫したようだ。報道によると、トランプ米大統領は、「中国政府が香港での国家分裂行為やテロ活動、外国勢力による介入などを禁じる国家安全法を導入すれば、米国は極めて強硬に対応する」と述べた。この発言に対して中国側からは、「中国政府が米国との緊張激化にひるむことはないが、経済面での協力と回復が最優先であるべき」(張業遂報道官)とのコメントが聞かれた。

 市場関係者の間からは「トランプ大統領の挑発的な発言を無視することはできないが、今後の通商協議を有利に進めるための戦略」との声が聞かれている。中国に対する批判を強めることによって米国経済がすみやかに改善される保証はないが、追加の経済支援策がまとまるまでは、ウイルス発生源などを巡る中国批判が弱まる可能性は低いとの見方が増えているようだ。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below