for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型コロナウイルス感染症の有効な治療薬開発で消費者信頼感改善の可能性も


*15:23JST 新型コロナウイルス感染症の有効な治療薬開発で消費者信頼感改善の可能性も
 一部報道によると、トランプ米大統領は8月23日、「新型コロナウイルス感染症から回復した人の血漿を使った治療法が、米当局から緊急使用許可(EUA)を取得した」と発表した。マクナニー大統領報道官は22日までに、「トランプ大統領が23日に新型コロナウイルス感染症を巡る重要な治療に関する画期的情報について記者会見を実施する」と伝えていた。新型コロナウイルス感染症の治療に、回復した患者の血液成分を使う手法は、中国や日本でも研究・開発が進められている。以前から専門家の間では「安全性や効果については慎重に見極める必要があるものの、新型コロナウイルス感染症の治療に活用できる可能性はある」との見方が出ていた。

 新型コロナウイルスの世界的な感染流行は終息していないものの、有効な治療薬が開発されることで消費者心理は改善し、雇用情勢の改善や経済活動の拡大につながる可能性があることから、24日のアジア・欧米諸国の金融市場の反応を注目したい。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up