for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECBによる年内追加緩和の可能性は低下したか?


*15:55JST ECBによる年内追加緩和の可能性は低下したか?
 欧州中央銀行(ECB)は本日10日に理事会を開催し、金融政策を決定する。一部報道によると、ECBの金融政策担当者はユーロ圏の景気回復見通しに自信を深めているもようだ。9日の欧米市場では、ECBによる年内追加緩和の可能性は低下したとの見方でユーロ買いが優勢となった。

 報道によると、ECBの最新経済予測は理事会終了後に公表されるもようだ。経済予測の内容に市場関係者の注目が集まりそうだが、ラガルドECB総裁の会見内容も重要な手掛かり材料となる。ユーロ圏の景気見通しについて、やや慎重な見解が表明された場合、ユーロ売りがやや強まる可能性がある。一部の市場関係者は「ECB経済予測の改善は、ユーロ買い材料になり得るが、若干の改善は想定の範囲内」と指摘しており、追加緩和の可能性が消えない場合、ユーロは伸び悩むと予想している。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up