for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドンでの再度の都市封鎖は果たして妥当な対応なのか?


*19:06JST ロンドンでの再度の都市封鎖は果たして妥当な対応なのか?
 報道によると、新型コロナウイルスの感染第2波を抑制する目的で、ロンドン市内では10月16日深夜から厳格なロックダウン(都市封鎖)措置が導入されるもようだ。ハンコック英保健相は、ロンドンおよびロンドンに隣接するエセックス州の警戒レベルを「中間」から「高」に引き上げると発表した。屋内での他世帯との社交的な集まりは禁止され、渡航可能な地域は縮小される。

 15日の英国株式は、新たな都市封鎖措置への懸念や、英国の欧州連合(EU)離脱に関する先行き不透明感を嫌って、FTSE100種は前日比1%超の下げを記録。市場関係者の間では、「行動規制措置の再導入によって、10-12月期の英国経済はマイナス成長となる可能性がある」との見方が出ている。行動規制強化は英中央銀行の金融政策にも大きな影響を及ぼすとみられており、さらなる金融緩和への思惑でリスク回避的なポンド売りが強まるとの見方が出ている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up