for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウイルス感染再流行でECBは追加緩和を検討か


*15:29JST ウイルス感染再流行でECBは追加緩和を検討か
 フランス、ドイツなど欧州諸国における新型コロナウイルスの感染再拡大に対応して、各国政府は一般市民の行動規制措置を再び導入する。フランスのマクロン大統領は28日、今週30日から12月1日までの期間で全国的な経済規制措置の導入を発表した。ドイツでは、11月2日から30日まで、バー、レストラン、映画館、ジムは休業する。ウイルス感染の再拡大によって、10-12月期の欧州経済は再び悪化すると予想されているが、ドイツ、フランスは経済の悪化に対応するための新たな経済対策を導入すると予想される。ウイルス感染の再拡大で欧州中央銀行は年内に何らかの形で追加緩和を実施する可能性は高いとみられる。なお、欧州連合(EU)は新型コロナウイルス危機からの復興の資金を調達するため、最大1兆ユーロ相当の債券発行を計画しているが、市場参加者の一部は「発行規模の見直し(増額)が検討されてもおかしくない」と指摘している。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up