for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国の政治不安はしばらく燻り続ける可能性


*14:57JST 米国の政治不安はしばらく燻り続ける可能性
 報道によると、トランプ米大統領は12日、「私に対する憲法修正25条のリスクはゼロだ」との見方を伝えた。識者などの間では「トランプ大統領罷免に向けた合衆国憲法修正25条が発動される可能性がある」との見方が広がっている。トランプ大統領はこのような措置は大規模な怒りや分断、痛みを招く」、「米国にとって非常に危険」との見方も伝えている。

 米民主党は11日にトランプ大統領の弾劾訴追に向けた決議案を下院に提出し、弾劾手続きに入った。13日までにトランプ大統領が罷免されない場合、すみやかに弾劾に踏み切るとみられている。目先的に米国の政治不安は一層高まることから、安全資産の米ドルや米国債に投資家の資金が向かうとみられる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up