for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州におけるワクチン接種計画の遅れを市場はどう評価するのか?


*14:53JST 欧州におけるワクチン接種計画の遅れを市場はどう評価するのか?
 ロイター通信によると、世界保健機関(WHO)の報道官は3月15日、英製薬会社アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン接種後に血栓症などの副作用が出ているとの報告について、諮問委員会が調査を進めているものの、現時点で因果関係を示す証拠は発見されていないとの見方を伝えた。

 欧州各国の政府は15日までに、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種を中断すると発表している。欧州医薬品庁(EMA)によると、欧州で約500万人がアストラゼネカ製ワクチンの接種を受けており、3月10日時点で30件の血栓症の事例が報告されている。欧州におけるワクチン接種ペースについては、想定よりも1カ月程度遅くなるとの見方も出ており、「ワクチン接種計画の遅れは欧州諸国の株式やユーロ相場を圧迫する可能性がある」との声が聞かれている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up