for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

人権問題などを巡って中国と欧米諸国の対立深まる


*15:02JST 人権問題などを巡って中国と欧米諸国の対立深まる
 中国外務省は3月27日、カナダの議員1名と人権に関する議会委員会、米国国際宗教自由委員会の責任者らを対象とする制裁措置を発表した。ブリンケン米国務長官は、「カナダやイギリス、欧州連合など世界中の同盟国や友好国と団結し、中国に対してウイグル族や、そのほかの少数民族に対する人権侵害や虐待をやめ、不当に拘束されている人々を解放するよう求める」との声明を発表しており、人権問題などを巡る中国と欧米諸国の対立は続いている。この問題は関係各国の企業活動にも大きな影響を及ぼす可能性が高いとの声が聞かれている。

 バイデン米大統領は先日行われた会見で中国との対立を望んでいないとの立場を示したものの、中国は国際的な規則に従い、公正な競争や慣行、貿易を行う必要があると指摘していた。少数民族に対する人権侵害などの問題について、中国は国連人権高等弁務官が率いる調査団を受け入れる用意があると国連人権理事会の場で伝えており、国連調査団による調査をすみやかに実行し、状況を正確に把握することが必要となりそうだ。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up