for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

為替見通しについては予断を許さない状況が続くか


*10:07JST 為替見通しについては予断を許さない状況が続くか
 4月27−28日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で、政策金利の据え置きと債券購入プログラムの月額購入額を維持することが、全会一致で決定された。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は会見で「今年のインフレ率の一時的な上昇は利上げの基準を満たさない」、「緩和の段階的縮小の議論開始は時期尚早」、「さらなる進展を遂げるには、ワクチン接種での著しい進展を伴う公算」などの見方を伝えた。

 市場関係者の間からは「米国の失業率が5%程度まで低下し、インフレ率が2%に到達しても、FRBは大規模な金融緩和策を継続する可能性がある」との声が聞かれている。為替については、「米国経済の早期正常化への期待は残されており、ドル安が急速に進行する可能性は低い」との見方が出ているようだが、いくつかのリスク要因も存在しており、予断を許さない状況が続くとみられる。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up