for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

経済成長における日米間の格差拡大で円売り継続の可能性も


*14:12JST 経済成長における日米間の格差拡大で円売り継続の可能性も
 報道によると、新型コロナウイルスの感染再拡大防止のために発令中の緊急事態宣言について、日本政府は解除期限を延長するかどうか、今週中に判断する可能性がある。緊急事態宣言の期限は5月11日までとなっているが、期間延長が必要との意見が出ているようだ。政府は4月25日から大阪府、京都府、兵庫県、東京都を対象に3度目となる緊急事態宣言を発令し、飲食店や大型商業施設などに休業を要請している。一般市民に対しても行動自粛を要請しており、経済活動は抑制されていることから、市場関係者の間からは「緊急事態宣言の期限が延長された場合、4-6月期の国内総生産は前期比マイナスとなる可能性がある」との声が聞かれている。

 各種経済制限は日本経済を圧迫し、国内株式や長期金利の動向に大きな影響を与えることから、「米国との経済成長格差は拡大し、安全逃避的なドル買い・円売りがさらに強まる可能性がある」との意見も出ている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up