for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米賃金動向については予断を持てない状況が続くか


*17:50JST 米賃金動向については予断を持てない状況が続くか
 8日発表された5月NFIB中小企業楽観指数は99.6となり、市場予想に反して4月から0.2ポイント低下した。労働力不足とインフレ進行の懸念が指数低下の要因とみられている。また、米労働省が発表した4月雇用動態調査(JOLTS)によると、求人件数は928.6万件で2000年の統計開始後で最高となった。経済制限措置が緩和されたことで企業による人材確保の動きが拡大している。転職活動も活発となっているようだ。
 市場関係者の間からは、「労働力不足の状態はしばらく続く可能性が高い」との声が聞かれているが、「賃金上昇のペースは加速しない」との見方も多い。労働力の供給制約で雇用の伸びは抑制されているが、現時点でインフレ進行の懸念は高まっていない。ただし、労働力不足が短期間で解消されることは期待できないため、賃金動向については予断を持てない状況が続くとみられる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up