for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FOMCの声明内容に対する関心高まる


*09:22JST FOMCの声明内容に対する関心高まる
 14日のニューヨーク市場でドル・円は、6月4日以来となる110円10銭までドル高・円安に振れた。今週15−16日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策の見通しについて何らかの変更が提示される可能性があること、米長期金利が上昇したことがドル買い材料となった。ただ、金融政策見通しの変更については、一部関係者が「金融当局者はインフラ投資計画の最終的な規模や増税の可否などの要因を考慮する必要があるため、金融政策の見通しがすみやかに変更されることはない」と指摘している。
 現時点でインフレ加速の明確な兆候は確認されていないこと、雇用情勢の改善は十分ではないことから、今回のFOMC会合で金融政策の現状維持が決定される見込み。FOMCの声明内容が従来通りなら、金利先高観はやや後退し、ドル売りが強まる可能性がある。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up