for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国の大型インフラ投資計画の行方


*20:09JST 米国の大型インフラ投資計画の行方
 バイデン米大統領は6月24日、超党派の上院議員らと会合を行い、8年間で1兆2000億ドル規模のインフラ投資計画で合意したと発表した。報道によると、バイデン大統領は「この合意は数百万人分の高賃金の雇用をもたらし、家計の負担を軽減する」と伝えている。ホワイトハウス発表に資料によると、道路、橋梁、主要プロジェクトに1090億ドル、電力インフラに730億ドル、旅客・貨物鉄道に660億ドル、ブロードバンドインターネットサービスに650億ドル、公共交通機関に490億ドル、空港に250億ドルを投じる計画となっている。

 市場関係者の間からは「インフラ投資計画が議会で承認される可能性は以前よりも高くなった」との声が聞かれている。ただ、財源については、内国歳入庁(IRS)の徴税強化などが検討されているようだ。共和党側が懸念を示すことも予想されるため、インフラ投資計画の実現については難しい対応を迫られるとの声が聞かれている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up