for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロナとの共存、英国モデルに対する関心高まる


*19:13JST コロナとの共存、英国モデルに対する関心高まる
 新型コロナウイルス変異株の感染拡大は世界経済の持続的な成長を阻害するとの見方が広がり、20日のアジア市場では安全逃避的なドル買いが観測された。同日のニューヨーク市場では欧米株高を意識して、安全逃避的なドル買いは一服したが、リスク選好的な為替取引がただちに拡大するとの見方は増えていないようだ。ただ、市場参加者の間では、英国における新型コロナウイルス(変異株)の感染状況が注目されている。新規感染者数は急増すると予想されるが、ワクチン接種によって重症患者は大幅に増加しないことが確認された場合、英国に倣って行動規制を大幅に緩和する動きが広がる可能性がある。

 また、日本では軽症者を対象とする新たな治療薬の使用が承認されており、重症化リスクは軽減される可能性があることから、各種規制の緩和につながるとの見方も出ている。ウイルス変異株の感染流行が経済活動に与える影響については慎重に判断する必要があるが、新規感染者数の増加に対する市場の懸念はある程度緩和されるとの声も聞かれている。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up