Reuters logo
中露の米国債売却と本邦機関投資家の米国債購入
2014年7月11日 / 02:24 / 3年後

中露の米国債売却と本邦機関投資家の米国債購入


*13:39JST 中露の米国債売却と本邦機関投資家の米国債購入
ロシアと中国は、30年間で4000億ドル規模の天然ガス契約を締結した。
ロシアは、欧州に代わる天然ガス売却先を確保し、米国債を売却しながら、金の購入を進めていることで、欧米による制裁への防波堤を構築しつつある。


中国は、中東に代わるエネルギー購入先を確保し、米国債の保管場所を、ベルギーなどへ移管し始めている。


中国とロシアの米国債離れが進みつつある中、米国連邦準備理事会(FRB)も、テーパリング(量的緩和縮小)によって米国債の購入を減らし始めている。


中国、ロシア、米国という大口の米国債購入先に代わって、来月、安倍政権が打ち出す新成長戦略により、年金積立金管理運用独立行政法人、ゆうちょ銀行、かんぽ生命などの本邦機関投資家の米国債購入が期待されている。



《MY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below