Reuters logo
新ジャンルを確立したスズキの「ハスラー」が人気
2014年7月14日 / 15:27 / 3年後

新ジャンルを確立したスズキの「ハスラー」が人気


*15:24JST 新ジャンルを確立したスズキの「ハスラー」が人気
「遊べる軽」がキャッチフレーズのスズキ7269の新型軽自動車「ハスラー」が好調だ。1月の発売以降の累計販売台数は月販目標の約3割増のペースで伸びているという。
「ハスラー」は、ワゴンの広い室内空間にスポーツ用多目的車(SUV)の走行性能を融合(クロスオーバー)させた新ジャンルと呼ばれるもので、カラフルで個性的なデザインと実用性の高さの両立が人気となっている。
室内の広さや燃費性能に定評がある主力の「ワゴンR」をベースにして、そこにSUVの性能を加えることで、完成度と開発期間の短縮を図りデザインなどに力を入れた。ひと目で「スズキ」と分かる見た目にこだわり、丸い特徴的なヘッドランプは「ジムニー」、フェンダー(泥よけ)やテールランプは「エスクード」というように同社を代表するSUVのデザインをちりばめた。車体の色は鮮やかなオレンジやピンクなど11種類で、軽自動車で初となる雪やぬかるみで片側のタイヤが空回りした時、反対側のタイヤに動力を集中させる「グリップコントール」や、下り坂でブレーキ操作をしなくても自動で時速約7キロで坂を下る「ヒルディッセントコントロール」という機能も採用したほか、釣りやキャンプ、サーフィン、スキー・スノーボードなどアウトドアのレジャー用のオプションアクセサリーを多く揃えている。
4月の消費税増税から3カ月が経過し、6月度の新車販売台数は前年同月比3.8%増の45.2万台と3カ月ぶりに回復傾向を示している。維持費が安い軽自動車はもともと国内新車販売の約4割を占める。
また、日本経済新聞社調べによる今年夏のボーナスは昨年夏に比べ8.48%の増加となった。このような追い風のもと、「遊び心」をくすぐることで、原油高を跳ね返し、2015年の軽自動車税増税前に、車離れに拍車のかかる若年層を取り込み、より一層のシェア拡大につなげることができるのか注目したい。



《YU》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below