July 22, 2014 / 8:03 AM / 6 years ago

週刊ダイヤモンド今週号より~相場を動かすアベ経済マフィア 全人脈・全内幕


*08:00JST 週刊ダイヤモンド今週号より~相場を動かすアベ経済マフィア 全人脈・全内幕
今週号の特集では、「政治家と株式相場の関係」を徹底取材。経済政策を牛耳る安倍政権の“経済マフィア”の正体に迫るとともに、法人税減税やカジノ解禁などの新成長戦略を巡り、政治家たちがいかにその政策に関与し、かつ相場に影響を与えているか、洗い出しています。

「3A+1S」——日本の株式市場は永田町の重鎮がそう称する4人の大物政治家に大きく左右されています。最初のAはもちろん、首相の安倍晋三氏。残る3人は、副総理兼財務大臣の麻生太郎氏、経済再生担当大臣の甘利明氏、そして官房長官の菅義偉氏です。自民党中堅議員によれば、彼らの合言葉は「政権の生面線は株価」。これまで安倍政権は高い支持率を武器にして、相次いで重要法案を可決してきましたが、そのパワーの源泉となっているのが株高なのです。

そして安倍政権下の政策運営では、この4人を取り巻く格好で“経済マフィア”といえる集団が形成され、政策決定をリードする構図となっています。ダイヤモンド誌がそのキーマンとして挙げた40人には、楽天4755会長兼社長の三木谷浩史氏、武田薬品工業4502会長の長谷川閑史氏など経済界の大物も含まれています。株式相場に直結する重大政策の裏側で、これらの政治家、経済人、官僚、学者たちが幅を利かせているのです。

例えば、キーマンの一人、慶応SFC教授の竹中平蔵氏が推すのは、「コンセッション」と呼ばれる新ビジネス。コンセッションとは、所有権を国や自治体が保持したまま、公共インフラの運営権を民間企業に売却し、民間のノウハウで収益を上げていくというものです。第1弾は仙台空港で、2015年8月ごろに事業者を決め、翌年3月にその企業による運営がスタートする予定です。

ダイヤモンド誌の独自取材によれば、三菱商事8058や三井不動産8801、東急電鉄9005、大成建設1801、イオン8267といった各業界の盟主が、仙台空港の運営権獲得を狙っています。このコンセッション、政府の取り組み次第では市場規模が数十兆円に膨れ上がるともみられており、株価に影響する材料として今後の動向が注目されるところです。


《NT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below