March 24, 2015 / 10:19 AM / 4 years ago

航空機の定時運航率は中国が最悪、上海2空港がワースト1、2位


*10:20JST 航空機の定時運航率は中国が最悪、上海2空港がワースト1、2位
「航空機の定時運航率は、中国の空港と航空会社が世界で最悪」との調査結果がこのほど発表された。航空会社の運航品質などを調査する米フライトスタッツ社のまとめによれば、世界の主要61空港のうち、離陸の遅延が目立った7空港はすべて中国本土にあったという。香港メディアの報道を引用して銭江晩報などが22日付で伝えた。
名前が挙げられたのは、上海虹橋、上海浦東、杭州粛州、深セン宝安、広州白雲、重慶、北京首都国際の7空港。うち、上海虹橋が定時離陸率37.17%でワースト1位。上海浦東が37.26%、杭州粛州が37.24%でワースト2、3位だった。一方で61空港のトップは東京国際空港。定時離陸率は89.76%に達した。
航空会社別でも、中国の定時運行率は良いとは言えない。定時到着率でみた上位10社に中国本土・香港系の航空会社は入らなかった。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below