April 19, 2015 / 11:58 PM / 5 years ago

(中国)スーパー細菌感染で幼児死亡、抗生物質の乱用背景に


*08:53JST (中国)スーパー細菌感染で幼児死亡、抗生物質の乱用背景に
湖北省のメディアの報道によると、同省でこのほど、3歳になる男児がスーパー細菌に感染して死亡した。男児が感染したのはグラム陰性の桿菌(かんきん)で、「クレブシエラ菌」。専門家によると、近ごろではスーパー細菌が急増しており、背景には抗生物質の乱用があるという。現代快報が15日付で伝えた。
報道によると、男児は腹痛を訴えて病院を訪れたところ、結腸炎と診断された。ところが3週間後には肺炎による合併症で死亡し、男児がスーパー細菌に感染していたことが判明している。
湖北省細菌耐薬性監測センター関係者によると、いわゆるスーパー細菌は抗生物質が効かない細菌を指す。薬の効かないスーパー細菌が急増している背景には、抗生物質を適切に使用していないことがあるようだ。
同省病院の呼吸器科の医師によると、男児が感染したクレブシエラ菌は別名「肺炎桿菌」とも呼ばれ、主に人の腸や呼吸器に存在する。気管支炎や肺炎、泌尿器系などに感染し、脳膜炎や腹膜炎などを引き起こす恐れもあるという。
専門家は「スーパー細菌は新たな細菌ではなく、抗生物質の乱用を受け細菌が急速に異変していったもの」と指摘。体が抗生物質の威力に慣れてしまうと、大部分の抗生物質が鋭敏でなくなり、効果が薄れるとしている。
スーパー細菌の感染を診断するのはそう難しくはないようだ。専門家によると、1日で細菌の種類を確定することが可能。別の専門家は「現時点では、どんな抗生物質も効かない細菌は出てきていない」と指摘する。細菌によっては抗生物質が効きにくい耐性菌もあるものの、有効な抗生物質を見つけることはできるという。
ただ関連データによると、スーパー細菌は年々グレードアップしている。クレブシエラ菌は、強い抗菌力を持つ、最後の切り札的な抗菌薬「カルパペネム」に対する耐性率が、2005年の0.5%から12年には約10%まで上昇している。
江蘇省人民医院薬剤科の専門家は「このまま抗生物質の乱用が改善されなければ、将来的には薬が全く聞かなくなる可能性が高い」と警鐘を鳴らしている。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below