Reuters logo
ギリシャのG−デイ
2015年5月26日 / 04:10 / 2年後

ギリシャのG−デイ


*13:02JST ギリシャのG−デイ
本日26日から、ギリシャ政府と国際債権団の債務交渉が再開され、28日には、電話で臨時ユーロ圏財務相会合が行われる。


今月末は、メルケル独首相とオランド仏大統領が設定した交渉期限だが、同時に、ギリシャ政府には、公務員に対する給与と年金の支払い17億ユーロが控えている。


そして、6月になれば、国際通貨基金(IMF)に対する債務返済15.77億ユーロが控えている。
5日:3.12億ユーロ
12日:3.45億ユーロ
16日:5.75億ユーロ
19日:3.45億ユーロ


5月の国際通貨基金(IMF)への債務返済は、特別引き出し権(SDR)を取り崩して実行されたが、6月の債務返済は、国際債権団による救援プログラムの残金72億ユーロの融資が無ければ実行できないと報じられている。

6月6日は、1944年のノルマンディー上陸作戦が決行された「D−デイ」だが、グリグジット(Grexit:ギリシャのユーロ離脱)、「G-デイ」が現実味を帯びる日となるのかもしれない。



《MY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below