Reuters logo
(中国)自動車各社が中国で値下げ、増産スタンスは崩さず
May 26, 2015 / 4:44 AM / 3 years ago

(中国)自動車各社が中国で値下げ、増産スタンスは崩さず


*13:35JST (中国)自動車各社が中国で値下げ、増産スタンスは崩さず
中国に進出るグローバル自動車大手が車両販売価格の引き下げに相次ぎ踏み切った。自動車市場の需要鈍化に対応するため。在庫調整をその目的としている。もっともこれら外資は、中国での増産体制を崩してない。減速感がみられるものの、世界最大の自動車消費国である中国をなおも有望市場とみなして、新工場の建設などを通じた生産能力の増強に懸命だ。値下げによる利益率の低下を、スケールメリットによって補おうとしている。中国経済網が26日までに伝えた。
中国では、独フォルクスワーゲン(VW)が人気車種の大幅値下げに動いたことに続き、米ゼネラルモーターズ(GM)、米フォードが相次ぎ販売価格を引き下げた。この値下げについてGMのMatt Tsien中国区総裁は、「適時な価格調整は我々の日常活動の一つだ」とコメント。「中国の自動車市場では、これまで以上に速いサイクルで変化が起こっている」と補足した。
GMの今年4月の中国販売は不振。中国合弁会社を合わせたグループ全体販売は、前年同月比で0.4%減少した。傘下ブランドの販売が軒並み低迷。ビュイックとシボレーは8.5%、5.6%ずつ落ち込んでいる。今回の価格調整は、足元の販売不振に対応したもの。これまで値下げに慎重な姿勢を示してきたが、外資他社にならって価格調整に動き出した格好だ。
こうした外資勢の中国での値下げについて、調査会社IHS AutomotiveのJames Chao・アジア太平洋エリア総裁は、「今後の流れとなる。さらにこの動きは一段と拡大していくだろう」と語った。
Automotive Foresightの上海統括責任者も、「中国の消費者は自分たちの車購入価格が、米国をはじめとする外国で売られている同一車種と大きな開きがあることを認識するようになってきた」と指摘。外資による中国での値下げ攻勢が当面の流れになるとの見方を示した。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below