Reuters logo
(中国)建物の“地下漏水”深刻、路面陥没や家屋倒壊が頻発
2015年5月26日 / 04:44 / 2年後

(中国)建物の“地下漏水”深刻、路面陥没や家屋倒壊が頻発


*13:38JST (中国)建物の“地下漏水”深刻、路面陥没や家屋倒壊が頻発
地下漏水問題が中国で再びクローズアップされてきた。「地下漏水」を原因とする路面の陥没、家屋の倒壊が頻発しているためだ。中国建築防水協会と北京零点市場調査・分析公司が共同でまとめた2013年の調査報告書によると、中国全土の建築物の地下漏水率は57.51%の高水準。100%に到達する都市すら報告されたという。経済参考報が26日付で伝えた。
北京市大興区では昨年9月、道路を左折しようとしたコンクリートミキサー車が、突然の地面陥没で横転する事故が起きた。道路脇の緑化帯に設けられた配線検査溝に地下水が漏れ出し、路面の下に直径約2メートルの空洞が形成されたいたことが原因だった。
また同年4月には、浙江省奉化市で築20年のアパートが突然倒壊し、住民1人が犠牲となる死亡事故が起きた。負傷者も6人出て、うち少女は足を切断する重傷を負った。事故後の調査で、地下の漏水が原因だとする報告がまとめられている。建物の周辺2カ所では、50センチほど掘っただけで大量の地下水が漏れ出した。
こうした漏水を引き起こす要因として挙げられるのは、建物の地下構造自体の欠陥。構造上の欠陥があれば、その上面にいかに良い防水材料を張っても地下の漏水を防ぐことはできない。長年の漏水で鉄筋の腐食、コンクリートの劣化を進行させ、建物寿命を縮めてしまう。
このほか、上水道管の不具合も無視できない問題として挙げられている。設計不良や老朽化がその要因だ。住房和城郷建設部(住宅都市農村建設部)の2013年調査によれば、全国の上水道管の漏水率は15.69%に達し、2010年の15.49%からさらに0.2ポイント拡大した。牡丹江(黒竜江省)、延吉(吉林省)などの各都市では、上水道管の漏水率が50%を超えている。いずれにしても、先進国の平均である8~10%を大きく超過し、品質の確保や設備の更新が求められている状況だ。

【亜州IR】



《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below