Reuters logo
(中国)銀行の「混合所有制改革」始動へ、交通銀がモデルケースに
June 4, 2015 / 4:05 AM / in 3 years

(中国)銀行の「混合所有制改革」始動へ、交通銀がモデルケースに


*13:03JST (中国)銀行の「混合所有制改革」始動へ、交通銀がモデルケースに
中国の銀行業で、民間などからの資本を受け入れる「混合所有制改革」が始動するもようだ。交通銀行(3328/HK)がモデルケースに選ばれ、他行に先駆けて実施される見通し。交通銀はすでに改革案を国務院に提出した。2週間以内にも承認が下りる予定という。現地メディアが3日伝えた。

交通銀は昨年時点で、混合所有制改革の実施を申請していた。銀行モデルケースの第2陣には、中国銀行(3988/HK)が選定される見込みという。同改革のメリットについては、◆民間資本の受け入れにより、株主構造の多様化が図れる、◆経営効率の改善が期待できる、◆バリュエーションの上昇が見込まれる——点などが指摘された。

このほか、銀行による証券業などの兼業をめぐっても、国務院が今月中に関連規定案を発表する見込みと報じられている。金融業界の業務多角化に向けた取り組みの一つ。現時点ですでに、傘下に証券会社を抱える銀行も少なくないが、銀行本体に対して証券業務の取り扱いが認められれば、より多くの銀行が積極的に参画するとみられている。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below