June 16, 2015 / 11:49 PM / 4 years ago

中国サイバー警察が公式サイト開設、24時間体制で監視


*08:44JST 中国サイバー警察が公式サイト開設、24時間体制で監視
これまで謎のベールに包まれていたインターネット犯罪を取り締まる中国ネット(サイバー)警察の実態が明らかになりつつある。全国50省・直轄市の公安機関は今月1日、中国語で「網警巡査執法」と呼ばれる「ネット警察」の公式アカウントを微博(ウェイボー)、微信(WeChat)などSNSに一斉に開設した。複数の中国メディアが14日付で報じた。

「ネット警察」の主要任務は、◆24時間体制によるネット監視・巡回を実施し、ネット上の各種犯罪や有害情報を摘発する、◆ネット犯罪やネット上の有害な言論を法律に基づき処罰する、◆典型的なインターネット犯罪の前例やその予防策・対処法の公表、◆ネットユーザーから通報を受け、違法行為の取り締まりを行う———など。

こうしたネット警察は、首都北京だけでも1000人の専門警官が活動しているとされる。ただ北京市のネットユーザー数は14年12月末時点で1593万人に達していることから、ネット社会の治安維持には人手不足が否めないという。なお、専門警官の平均年齢は32.6歳、学歴は大卒が全体の96%を占める。80後(80年代に生まれた世代)や90後(90年代に生まれた世代)が多く、若く高学歴なのが特徴だ。

これまでネット犯罪をいわば水際で防いでいたインターネット警備担当組織が公式サイトを立ち上げ、表舞台に躍り出た背景には、急増するネット犯罪に対し、ネット上の警察遭遇率を引き上げることで、犯罪未然防止の抑止力としたい考えと見られている。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below