for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アリババ、インド同業Paytmへの出資を表明

*11:02JST アリババ、インド同業Paytmへの出資を表明

中国のIT大手アリババ・グループはきのう29日、傘下のオンライン決済サービス「アリペイ(支付宝)」を運営する関連会社Ant Financial Services Group(マ蟻金融服務集団)と共同で、インドのオンライン決済サービスPaytmに出資すると発表した。インドの現地メディア[Business Standard] がきょう30日報じた。

出資額は明らかにされなかったが、アリババとマ蟻金融はそれぞれPaytmの株式20%を取得する計画で合意したと報じられた。これにより、Paytmの創業者Vijay Shekhar Sharma氏の保有株式数は従来の26%から21%に低下し、Saif Partnerの保有株式数は従来の37%から30%に減少する見通し。シティバンクは幹事を務める予定だ。

Paytmはインドの大手プロバイダOne 97 Communicationsが運営している。中国とインドの人口は合計で約27億人となり、予定通り出資が実現されれば、アリペイとPaytmは将来相互に決済できると期待されている。

《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up