for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国:大株主の保有株売却「3カ月に1%以内」、禁止令解除で新規定

*14:40JST 中国:大株主の保有株売却「3カ月に1%以内」、禁止令解除で新規定

中国証券監督管理委員会(証監会)は7日、上場企業の大株主や経営陣による保有株の売却禁止措置が期限を迎えるのに伴い、急速な需給悪化を避けるための新規定を発表した。今月9日付で実施する。新規定では、大株主が市場で保有株を売却する場合、3カ月内に売却できる株式を発行済み株式の1%以内に制限。また、売却の15営業日前までに、計画を開示するよう義務付けた。

この禁止措置は、昨年夏場の株価急落時に、6カ月間の時限措置として導入されたもの。証監会は昨年7月8日、上場企業の株式5%以上を保有する大株主や役員に対し、同日付で保有株の売却を禁止すると通知した。禁止措置の解除により、大口株主による潜在的な売り圧力が強まると警戒されていた。

新規定の実施により、「大株主の“売却ラッシュ”が起きる懸念はなくなった」と証監会は説明。ただこれが同時に、「国家隊」と呼ばれる中国証券金融公司(中国の証券金融会社)などの買い支え縮小を意味するものではないと強調している。

【亜州IR】

《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up