Reuters logo
NYの視点:ECB、追加利下げも除外せず
2016年4月8日 / 05:16 / 2年前

NYの視点:ECB、追加利下げも除外せず


*14:11JST NYの視点:ECB、追加利下げも除外せず


 欧州中央銀行(ECB)は公表した3月の定例理事会議事要旨の中で、「急激な利下げ」を検討していたことが明らかになった。また、ドラギ総裁はECBの年次報告の中で、「過度の低インフレに当局が屈することはない」との方針を示した。低インフレへの対処で、ドラギ総裁に加えてコンスタンシオ副総裁も「物価安定のために必要なあらゆる措置をとる」と全ての手段を除外しない断固とした方針を示した。コンスタンシオ副総裁はまた、2次的な影響が見られることへの懸念を表明。スメッツ理事は「ECBは追加利下げ、非伝統的金融政策の拡大が可能だ」とした。

2月の生産者物価指数は31カ月連続のマイナス、金融危機時の2009年来で最低に落ち込むなどインフレ見通しの低下が追加緩和を正当化する可能性も指摘されている。市場では欧州中央銀行(ECB)には追加利下げ、または量的緩和(QE)拡大の余地があるとの見方が広がりユーロ売りが再燃。さらに、ECBが追加利下げを実行した場合、マイナス金利幅の拡大が欧州銀行の収益をさらに圧迫するとの懸念が金融市場を混乱させる可能性も警戒されている。

(4月8日(金) 午前7時作成)


《NO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below