Reuters logo
英国民投票EU離脱派の勝利で金が買われる、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2016年6月27日 / 23:57 / 1年後

英国民投票EU離脱派の勝利で金が買われる、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*08:53JST 英国民投票EU離脱派の勝利で金が買われる、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

英国民投票でのEU離脱派の勝利を受けて、世界経済の先行き不透明感からリスクオフの流れとなりました。
英ポンドが急落、ユーロも売られ、主要国の株式相場も大幅に売り込まれています。

そして安全資産といわれる金相場が急騰しています。23日のNY金は一時1355ドルまで急騰。1320ドルで先週末の取引を終えています。
この金相場の先行きがどうなるのか、気になるところですよね。

松永さんによると
『英国国民投票の結果を受けてブルームバーグがトレーダー12人を対象に実施した調査の中央値によれば、NY金は年末までに1オンス当たり1424ドルに上昇するとの結果となりました。』ということです。

また
『先週23日のVIX指数(恐怖指数)は、一時26.24ポイントまで上昇し、2月16日以来の高水準となりました。恐怖指数の年初来最高値は、1月20日の32.09ポイントです。』と述べられています。

この恐怖指数について、
『先週末の恐怖指数の急上昇を見れば、投資家の不安心理がどれだけ急速に高まったのかが伺えます。』とおっしゃっていました。

NY金は2年ぶりの高値まで上昇しましたが、
『NY金と東京金のチャートを見比べれば、その値動きの違いに驚かされます。先週は、特に強烈な円高進行となったことで、NY金と東京金の値動きの違いが大きくなりました。』とのことですので留意してください。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の6月27日付の「金市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子


《NO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below