for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:ダドリーNY連銀総裁、強い米Q3GDPが利上げにつながるとの見解

*07:15JST NYの視点:ダドリーNY連銀総裁、強い米Q3GDPが利上げにつながるとの見解

米連邦準備制度理事会(FRB)が17日に公表した連邦公開市場委員会(FOMC)(7月26−27日開催分)議事録では、市場が予想していたほどメンバーのタカ派的な見解は示されなかった。2名のメンバーが7月の利上げを支持したものの、他のメンバーはインフレ見通しが不透明であることを理由に、インフレ見通しが一層強まるまで待つべきと主張。更なる指標を待つ方針で合意したことが明らかになった。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長、フィッシャー副議長と同じくFRB内での影響力が強いと見られているNY連銀のダドリー総裁は、FOMC前の16日のインタビューで、9月の利上げの可能性に言及したほか、FF金利先物市場での利上げ織り込み率が不十分であると指摘。このため、金利先物市場での12月の利上げ確率は一時50%を上回った。しかし、FOMC議事録がタカ派色を弱めたため再び50%を割り込んでいる。

ダドリー総裁は議事録公表後の18日に開催された会見で、「自分の見解は16日から変わっていない」と表明。7−9月期の国内総生産(GDP)の強い成長が、持続的な成長への楽観的な見通しにつながると述べた。また、労働市場も引き続き強まると見ている。

4−6月期の弱いGDPは在庫の鈍化が響き1.2%成長にとどまった。しかし、7−9月期GDP成長は上半期の成長を大幅に上回り、下半期の成長は2%以上を想定していると述べ、9月FOMCでの利上げも可能になると見ているようだ。サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁も強い米国経済の状況下、速やかに利上げを再開し、段階的な利上げをすべきだと述べている。

《NO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up