Reuters logo
深セン・香港「相互乗り入れ」、11月中下旬開始に向け準備進む=香港証取
September 30, 2016 / 12:22 AM / a year ago

深セン・香港「相互乗り入れ」、11月中下旬開始に向け準備進む=香港証取


*09:18JST 深セン・香港「相互乗り入れ」、11月中下旬開始に向け準備進む=香港証取
香港交易所(香港証券取引所:388/HK)は28日引け後、深セン・香港間の「相互乗り入れ」(両株式市場の相互取引)のスタートに向け、10月以降に接続テストなどを行う方針を示した。香港マーケットでは、取引開始に向けた準備が11月中下旬には整う見通しという。具体的な開始の日程については、準備が完了し、当局の承認を待って確定する見込みと説明した。
香港証取の李小加CEO(最高経営責任者)はこの日の午前中、深セン・香港「相互乗り入れ」のスタートに向けた準備作業が最終段階に入っているとコメント。市場で注目を集める取引スタートの期日に関しては、「“黄道吉日”を選ぶ。11月初めには公表できるだろう」と述べた。
深セン・香港間「相互乗り入れ」の開始時期をめぐっては、中国証券監督管理委員会の高官が8月末の時点で、「11月中旬から下旬にかけて」と発言している。一部ブローカーの間では、2年前に既存の上海・香港間取引が開始されたのと同じ「11月17日にスタートする」との見方が浮上。また、上海・香港間取引が月曜にスタートしたことから、11月14日または同21日を有力視する向きもある。
なお、上海と香港の「相互乗り入れ」は2014年11月17日に始動。中国証券監督管理委員会と香港証券先物委員会はこれに1週間先立つ11月10日、取引解禁日を正式に発表している。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below