Reuters logo
中国:成都空港のボディスキャナーに「X線」採用、安全性懸念も
September 30, 2016 / 4:41 AM / a year ago

中国:成都空港のボディスキャナーに「X線」採用、安全性懸念も


*13:38JST 中国:成都空港のボディスキャナーに「X線」採用、安全性懸念も
四川省の成都双流空港の保安検査場で、ボディスキャナーにX線が使われているこ
とが分かった。機械の目立つ場所には、被ばくへの注意を呼びかける表示はない。南
方医科大学の馬建華教授は「これらの設備は成都以外でも使われている。放射線量は
最低でも影響は累積する」と警告した。南方都市報が29日伝えた。
広東省広州市に住むある女性は、インターネット上の書き込みでX線検査機を通過
したことを知った。成都双流空港のボディスキャナーは広州のものと異なり、乗客は
約2メートルのベルトコンベアに立たされ、検査機の前まで次々に運ばれるという。
女性は「もし妊娠していたとしたら、胎児に影響がある。空港ははっきり知らせるべ
きだ」と語った。
問題のボディスキャナーは、保安検査設備メーカーの安徽啓路達光電科技公司
(本社・安徽省合肥市)が製造した「神槍」シリーズの一つ。同社は検査機にX線技
術が使われていることを認めながらも、放射線量は0.05~0.2マイクロシーベルトに
とどまり、世界で最も厳しい米国の基準を下回ると説明している。
「神槍」シリーズのボディスキャナーは、成都双流空港のほか、成都駅、重慶
駅、昆明駅(雲南省)、河南省高級人民法院、広東省高級人民法院などでも使われて
いるという。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below