Reuters logo
米国雇用統計:8月の振り返りと9月のポイント、住信SBIネット銀行(三井智映子)
October 7, 2016 / 12:32 AM / in a year

米国雇用統計:8月の振り返りと9月のポイント、住信SBIネット銀行(三井智映子)


*15:46JST 米国雇用統計:8月の振り返りと9月のポイント、住信SBIネット銀行(三井智映子)
 


こんにちは。フィスコリサーチレポーター三井智映子の「住信SBIネット銀行の気になるレポート」です。

米国では9月の利上げこそ見送られたものの、イエレンFRB議長が年内利上げの可能性を示唆したほか、足元の経済指標も強めであるところから、年内の利上げの是非に注目が集まっています。そんな中、9月の米国雇用統計が発表されますね。

今回の雇用統計発表は、いったいどのような内容になるのでしょうか。
住信SBIネット銀行の「米国雇用統計」レポートでは、前回8月の雇用統計発表後の為替相場がどう反応したのかを振り返ったうえで、今回の発表内容を予想しています。

同レポートによれば、前回は『発表直後は市場予想を下回っていたため102円80銭まで売られましたが、NY株上昇に加え、米10年債利回りが1.54%から1.60%台を回復したことを好感、リスク回避志向が後退する中で、ドル/円は104円32銭まで上昇しました』とのことです。
雇用統計の結果は弱かったものの、『5.0%割れの完全雇用と言われる状況下での就業者数の+15.1万人、3ヶ月平均で+23.2万人は年内利上げの可能性に十分な結果との評価』からドル買いが優勢となったものとみられます。

では、9月の雇用統計のポイントはどうでしょうか。
同レポートでは、『就業者数増が3ヵ月平均で20万人超となれば年内利上げ観測を後押しすることに! 米雇用統計(9月)では非農業部門就業者数が前月比+17.0万人と8月から拡大し、堅調な結果になると予想されています』とのことで『調査週にあたる9月第3週の新規失業保険申請件数が4週平均で25.9万人と8月の26.5万人から減少していることから前回を上回る結果が期待されています』という見解となっています。

今回の雇用統計も目が離せませんね。

上記の詳細コメントは、住信SBIネット銀行サイト内の「米国雇用統計」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below