for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タマホーム…大分県森林再生機構と協定を締結、「花粉の少ない森林づくり」を民間企業初の支援

*11:46JST タマホーム…大分県森林再生機構と協定を締結、「花粉の少ない森林づくり」を民間企業初の支援

タマホーム

1419

は21日、大分県および大分県森林再生機構と、「花粉の少ない苗木による再造林の推進に関する協定」を締結したと発表した。

同社は、国産材の家づくりを進めてきた立場から、森林環境や地域社会への貢献に取り組んできた。伐期に達した国産材を住宅建材として多く使用し、「花粉の少ないスギ苗木」による再造林を推進することにより、「花粉の少ない森林づくり」を支援する。

なお、民間企業が都道府県に働きかけて協定を結び、花粉発生源対策を行う取り組みは全国初となる。

大分県及び大分県森林再生機構は、年間500ヘクタールの再造林に要する「対策苗木」100 万本に対する助成を順次行う予定。森林所有者等が再造林時に使用した「対策苗木」代金に対して、既存の助成 (国、大分県、大分県森林再生機構)に、「タマホーム株式会社基金」による助成(「対策苗木」代金の10%相当)が上積みされることにより、100%の助成が可能となる。協定の期間は2021 年度までの5年間。

同社は今後も、木材取引量の多い地域を中心とした他の都道府県とも、本件同様の支援に向けての協議を進めていく考え。現在、宮崎県との間で、花粉症対策苗木の植え替え支援に向けて協議の最終段階にあり、2016年度中に協定締結する予定であるとしている。

《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up