November 7, 2016 / 3:17 AM / 3 years ago

日産が中国に低価格EV投入へ、70~80万円程度を想定


*12:11JST 日産が中国に低価格EV投入へ、70~80万円程度を想定
ルノー・日産アライアンスのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)はこのほど、低価格電気自動車(EV)を中国投入する計画を改めて示した上で、1台7000~8000米ドル(約73万~83万円)の価格帯を想定していると明かした。現行モデルより価格を3割程度抑える。盖世汽車が7日付で伝えた。
このほど仏パリで開かれたエネルギー関連会議でゴーンCEOは、「中国に低価格EVを投入することが我々の目標だ」と発言。「いかなる優待もない」状態で、7000~8000米ドルの価格帯にあるEVを中国で販売する意向を語った。その上で「我々の低価格戦略がうまくいけば、中国事業の枠組みに大きな変化が生じるだろう」と述べている。
ルノー・日産が足元で中国投入するEVは1モデルのみ。「リーフ」を改良したEV「ヴェヌーシアe30」を2014年に発売した。しかし価格はエントリーモデルでも24万2800人民元(約3万6900米ドル)と高めに設定され、販売は苦戦。中国汽車工業協会の発表によると、「ヴェヌーシアe30」の2015年販売は1273台にとどまった。ルノー・日産は今年初め、中国で低価格EVを販売する計画を対外公表している。
中国政府は電動化車両の普及を後押しする立場。新エネ車に関して、当局は「2020年までに500万台」の普及目標を定めた。すでに各種の補助策を導入している。
新エネ車の国内生産は15年通年で、前年の4.5倍に当たる合計37万9000台にまで拡大。世界最大規模に成長した。中国汽車工業協会の発表によると、1~9月の新エネ車生産台数は、前年同期比93%増の30万2000台。内訳はEVが118.1%増の22万9000台、プラグインハイブリッド車(PHV)が41.7%増の7万3000台に伸びた。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below