Reuters logo
トランプノミクスと日本経済、SMBC日興証券(花田浩菜)
2016年11月15日 / 03:37 / 1年後

トランプノミクスと日本経済、SMBC日興証券(花田浩菜)


*12:32JST トランプノミクスと日本経済、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

SMBC日興証券は11/15付けの「Opening Bell」に「日興エコノミックマンスリー11月号」を掲載しています。今月号のタイトルは「トランプ大統領誕生~トランプノミクスと日本経済」です。

同レポートでは、『トランプノミクスは、減税とインフラ投資による「積極財政」と「金融引き締め」のポリシーミックスであり、成長促進と金利上昇、ドル高がもたらされる。購買力は高まるため、貿易赤字はさらに悪化し、対外不均衡が拡大する。それを輸入制限によって抑制する。これらがインフレに繋がる』と指摘しています。

さらに、こうした政策から影響を受ける日本のマーケットについて『マクロからみてポジティブになるのは主に金融セクター』であると分析。加えて『米インフラ投資・景気拡大の恩恵を受ける一般機械、医療規制緩和の恩恵を受ける医薬品などのセクターもポジティブ』としています。
一方ネガティブなのは『自動車、電子部品、円安によりコストが上昇する食料品、ディフェンシブ業種の小売、情報通信などのセクターと思われる』と分析しています。

そして同レポートでは、こうした分析に続いて、足元の日本国内の経済についてもマクロ的に解説がされています。ご興味のある方は11/15付けの「Opening Bell」を見てみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below