Reuters logo
中国:ペットブーム到来、年3割成長で20年は産業規模3.2兆円へ
2016年11月16日 / 06:16 / 1年後

中国:ペットブーム到来、年3割成長で20年は産業規模3.2兆円へ


*15:12JST 中国:ペットブーム到来、年3割成長で20年は産業規模3.2兆円へ
中国にも空前のペットブームが訪れている。イヌやネコに代表されるペットの年間取引は、08年で3000万匹、12年で1億2700万匹、15年で1億8000万匹に増加。取引数が右肩上がりに伸びるなか、「ペット経済」は急ピッチに拡大してきた。さらに17年は2億5300万匹に上ると想定される。中国報告大庁が16日に伝えた。
ペット取引額も伸びが目立つ。10年は130億人民元、13年は500億人民元、15年は800億人民元に成長した。
餌などを含めたペット周辺産業も育つ。狗民網などが発表した「2016中国ペット業界・産業と消費者行動調査報告」によれば、15年の中国ペット産業規模は、前年比32.8%増の978億人民元(約円)に達した。今後も年率3割成長が持続し、20年には2000億人民元(約3兆2000億円)の大台を突破する見通しという。
愛好家の多くは、月給6000~1万2000人民元のホワイトカラー層で占められる。主な居住地は沿海の成長成長エリアに分布。1匹当たりの消費額は、500人民元近くに上る。
上海万博展覧館で8月18~21日に開催された今年の「第19回ペットフェアアジア」には、約800業者が参加。毎日の来場者数は6万人近くに膨らんだ。多数の来場者が1000人民元以上を会場内で支出。「愛らしいペットのためなら、3000人民元の衣料も購入する」と答える愛好家が散見された。
ペット産業は今後の伸び代も大きい。この背景には、社会構造の変化などがある。都市化、少子高齢化、晩婚化などが中国全体で進行するなか、子供に対するとの同様に、愛情をペットに注ぐ市民が増えてきたためだ。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below