Reuters logo
人権団体アムネスティ、企業に中国のネット監視拒否を呼び掛け
2016年11月18日 / 04:06 / 1年後

人権団体アムネスティ、企業に中国のネット監視拒否を呼び掛け


*13:02JST 人権団体アムネスティ、企業に中国のネット監視拒否を呼び掛け
国際人権NGOのアムネスティ・インターナショナルは16日、中国政府主催の「第3回世界インターネット大会」が浙江省桐郷市烏鎮で同日開幕したのに合わせ、中国当局によるネット情報審査制度をボイコットするよう、有力企業に呼び掛ける声明を発表した。交流サイト(SNS)のフェイスブックやリンクトイン、マイクロソフトなどが対象となっている。米メディアが伝えた。
全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は7日、ネット世論への監視強化などを盛り込んだ「ネットワーク安全法」を可決した。アムネスティの声明によると、同法は外国企業を含むネット企業に対し、当局への個人情報提出を強制できるという。
習近平国家主席は、ネットの安全と国家の安全を同列に扱い、ネット上で当局を批判した市民数百人を「国家の安全に関わる罪」で処罰したとされる。
アムネスティは声明の中で、ネット関連企業はプライバシーや言論の自由の保護に責任を負っており、検閲が基本的人権の侵犯であるとの共同声明を、中国に向けて出すよう呼び掛けている。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below