Reuters logo
トヨタが中国R&Dセンター拡張、18年以降に完成予定
2016年11月18日 / 05:01 / 1年後

トヨタが中国R&Dセンター拡張、18年以降に完成予定


*13:57JST トヨタが中国R&Dセンター拡張、18年以降に完成予定
トヨタ自7203は18日、中国の研究開発(R&D)センターを拡張する計画を明らかにした。2010年に設立した「豊田汽車研発中心(中国)有限公司」(略称:TMEC)について、既存実験棟の増強、新実験棟の建設、電池評価試験棟の新設、テストコースの拡充を実施する。18年末以降の完成を予定している。
“中国のためのクルマづくり”に向け、TMECは開発体制の現地化と強化を目的に設立された。以来、中国産ハイブリッドユニット搭載車の中国市場への普及を目指し、取り組みを進めている。また、2012年には主要ハイブリッドユニットの現地生産会社として「トヨタ自動車(常熟)部品有限公司」(ハイブリッド用トランスアクスルの製造会社)、13年には「新中源豊田汽車能源系統有限公司」(ハイブリッド用電池製造会社)を設立。15年10月、中国産ハイブリッドユニット搭載の「カローラハイブリッド」「レビンハイブリッド」の販売を開始した。
トヨタはかねて、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車と、それぞれの特徴を生かしながら、全方位でエコカーの開発を進め、普及に努めている。中国でも政府の「省エネ・新エネ車発展企画」の下、“環境に優しいクルマ”を導入していく計画だ。現在取り組みを進めるハイブリッド車の普及に加え、「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車の導入を予定している。
また、燃料電池車の中国での実証実験開始に向けた準備を推進するほか、中国市場への電気自動車導入についても検討していく。中国で競争激化、法規制の厳格化が進む中、現地開発拠点のTMECを拡張し、技術開発機能を強化することで、中国での“もっといいクルマ”づくりをさらに推進していく。
中国の新車販売マーケットでは、日本勢の好調が足元で続いている。小型車減税の押し上げ効果が追い風だ。今年9月の販売実績は、日産自7201が前年同期比26.3%増の12万3600台、ホンダ7267が46.5%増の12万929台、トヨタが12.4%増の10万4200台と、3社いずれも2ケタ成長を達成。マツダ7261は新型2モデルを発売する中で、同月中国販売は48.7%増の2万9043台と、3万台に迫った。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below