Reuters logo
政治から読み解く【経済と日本株】民進・金子氏 :東アジアの安全保障についてゼロから戦略を組み直すべきではないか
2016年12月12日 / 08:08 / 1年後

政治から読み解く【経済と日本株】民進・金子氏 :東アジアの安全保障についてゼロから戦略を組み直すべきではないか


*17:03JST 政治から読み解く【経済と日本株】民進・金子氏 :東アジアの安全保障についてゼロから戦略を組み直すべきではないか
民進・金子氏(前参議院議員)は「トランプ次期大統領が、『なぜ一つの中国という政策に縛られなければならないのか分からない』と発言。先日、習近平への伝令に使った親中派キッシンジャーは真っ青だろうが、まさにその通りだ。今後の展開は読めないが、東アジアの安全保障について、わが国もゼロから戦略を組み直すべきではないか。」とツィート(12/12)

報道によると、ドナルド・トランプ次期米大統領は11日、米フォックス・ニュースとの改憲で「一つの中国」政策について疑問視する発言に及んだ。トランプ氏は、「通商を含めて色々なことについて中国と取り引きして合意しない限り、一つの中国政策に縛られなければならない理由が分からない」と述べた。米国は1979年に台湾との国交が途絶えており、台湾を分離した省とみなす中国の「一国二制度」方針を尊重してきた。豪州、NZもこの方針を尊重している。トランプ氏は2日、米大統領や次期大統領として台湾の蔡英文総統と電話で会談し、中国はこれに正式に抗議している。

ただ、トランプ次期米政権が台湾の独立を本気で支援するとの見方は広がっていない。
仮に、米国と台湾の国交が回復しても米国側に特別なメリットはない。台湾の主な輸入先は日本、 中国、アメリカである。日本と中国からの輸入金額は日本がやや多いが、米国と台湾の貿易量が増えることは台湾ドルの為替相場に大きな影響を与える可能性がある。


《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below