Reuters logo
NYの視点:サウジは一段の減産の覚悟、OPEC&非加盟国が15年ぶり協調減産合意
2016年12月12日 / 22:56 / 1年後

NYの視点:サウジは一段の減産の覚悟、OPEC&非加盟国が15年ぶり協調減産合意


*07:54JST NYの視点:サウジは一段の減産の覚悟、OPEC&非加盟国が15年ぶり協調減産合意

石油輸出国機構(OPEC)とロシアが主導する非加盟の主要産油国は10日、オーストリア、ウィーンのOPEC本部で閣僚会合を開き、世界的な協調減産で合意した。世界的な減産合意は、米国の同時多発テロで相場が崩れた2001年以降15年ぶりとなる。11月末に開催されたOPEC総会での減産合意に続き、ロシアなど非加盟国も減産で協力していく。東南アジアの小国ブルネイからイランやイラクといったOPEC大国なども含んだ世界の石油生産国のほぼ6割が減産合意にかかわってくる。

非加盟国全体では日量60万バレル弱の減産で、全体で世界生産の2%近くを削減する方針。原油市場の需給バランスの改善で、目先原油価格が60ドル近く上昇するとの見方も浮上した。BPキャピタル・マネジメントの会長兼創立者である石油投資家のT・ブーン・ピケンズ氏も30日以内に原油価格は1バレル60ドルまで上昇すると見ている。ただ、今後、数多くの諸国の減産が合意通りに実施されるかどうかが問題になってくると、懐疑的見方も少なくない。

こういった市場の懐疑的見方に対して、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は会合後の記者会見で、「我々は絶対に間違いなく、1月から著しい減産に取り組む」と公約。「必要とあれば、サウジアラビアは合意以上の減産も除外しない」と、強い自信、断固とした方針を表明した。2年間にわたる原油価格のスランプをなんとしてでも回復させたい意向。一部のストラティジストは、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が2012年の欧州債務危機の際、ユーロ崩壊などの警戒感も広がる中、「”whatever it takes”、ユーロを防衛するためにはどんな手段も導入する」と公約した時と同様に強い声明だと指摘している。

OPECとロシアが協力し原油価格を底入れさせることに成功した場合、低水準にとどまっている世界各国のインフレやインフレ期待を押し上げるほか、低迷していた新興諸国経済を支援し、世界経済への警戒感も後退させリスク選好の動きに拍車をかけると見る。米国のより速やかな利上げにつながる可能性もある。


《NO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below