December 20, 2016 / 6:39 AM / 2 years ago

ソフトバンクがZTEや華為への発注拡大、5G対応機器で


*15:29JST ソフトバンクがZTEや華為への発注拡大、5G対応機器で
ソフトバンクグループ9984は来年、積極的に通信事業を拡大させ、インフラ整備を進める戦略の下、中国通信機器メーカーの中興通訊(ZTE:763/HK)や華為技術(ファーウェイ)に対する発注を拡大させる計画だ。同2社との協力関係を強化し、次世代の移動通信規格「5G」に対応したモバイル機器の発注を増やしていく方針。香港英字紙のサウスチャイナ・モーニング・ポストが19日伝えた。
ソフトバンクは9月、新戦略「5G Project」を始動させ、次世代のネットワーク技術「Massive MIMO(マッシブマイモ)」を世界で初めて商用化した。マッシブマイモとは、基地局のアンテナ数を増やすことで、ネットワークを大容量化するもの。このときに行われたイベントで、ZTEとファーウェイはマッシブマイモを使ったサービスのデモンストレーションを実施している。
ZTEのネットワークシステム担当者は、5Gに対応した機器の開発を進めているとコメント。なお、同社は11月、5Gを含む次世代ネットワーク技術をめぐり、東京に研究開発センターを立ち上げている。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below