for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シャープ・鴻海の合弁が広州にLCDパネル工場、投資規模1兆円

*09:13JST シャープ・鴻海の合弁が広州にLCDパネル工場、投資規模1兆円

シャープ

6753

と台湾鴻海精密工業(2317/TW)が共同出資する堺ディスプレイプロダクト(SDP)は、広東省広州市に世界最大級の液晶パネル工場を建設する。総投資額は610億人民元(約1兆円)に達し、10.5世代の大型液晶パネルを生産する計画だ。2017年3月に着工し、18カ月以内の完工を目指す。19年には量産態勢に入る予定という。中国メディアが12月30日に伝えた。

鴻海はこの日、広州市政府と共同で投資協定の調印式典を開催。その席での発表によると、新工場は最先端の10.5世代パネルを生産する予定となっている。超高精細な「8K」テレビなどに対応する大型パネルを量産する方針。年間生産額は920億人民元を見込んでいる。

同工場の建設計画は昨年12月の早い段階で、日本の一部メディアが情報を伝えていた。鴻海は自社の資金とシャープの技術を融合させることで、サムスン電子などの韓国メーカーを追撃する考え。

鴻海は現在、パネルメーカーとしてシャープ、SDP、台湾イノラックスの3社を傘下に置く。これら3社の世界シェアは生産数ベースで計20%と、サムスン電子、LGに次ぐ大きさとなっている。

【亜州IR】

《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up