Reuters logo
【中国】16年高級車販売は200万台突破、市場競争さらに激化へ
2017年1月22日 / 12:41 / 10ヶ月後

【中国】16年高級車販売は200万台突破、市場競争さらに激化へ


*21:35JST 【中国】16年高級車販売は200万台突破、市場競争さらに激化へ

200万台を突破し、前年比で15.6%の伸びを示している。アウディ、BMW、メルセデス・ベンツのドイツ系3強だけでなく、これに続くジャガーランドローバーやキャデラック、レクサスなど「中堅ブランド」がシェアを拡大。高級車市場での競争は今後さらに激化していくとみられている。経済参考報が19日伝えた。

3強の16年販売台数を見ると、アウディが前年比3.6%増の59万台、BMWが11%増の51万台、メルセデス・ベンツが27%増の47万台。台数ではアウディが他2社を圧倒したが、伸び率ではメルセデス・ベンツの好調が目立つ。メルセデス・ベンツはこの年、SUV(スポーツ用多目的車)やセダンの新モデルを相次いで投入。世界全体では前年比11%増の208万3900台を売り上げ、12年ぶりに高級車販売の世界トップブランドに返り咲いた。

一方、中堅ブランドの中国販売台数は、ジャガーランドローバーが11万9000台、キャデラックが11万8000台、レクサスが10万9000台、ボルボが9万台、ポルシェが6万5000台、インフィニティが4万1000台、リンカーンが3万2000台だった。キャデラックがレクサスを追い抜き、上位5位圏内にランクイン。また、「中国重視」を鮮明にしているリンカーンがプジョーシトロエンやルノーなどを上回り、上位10ブランドに食い込んだ。

経済参考報の試算によると、これら中堅ブランドの16年中国販売は全体で21%増加。3強の伸び率(12%)を大幅に上回っている。3強の中国シェアは16年の時点で74.8%となお大半を占めるが、11年の80%弱から縮小した。

今後も中堅ブランドの成長が見込まれる中、高級車市場での競争は激しさを増す見通し。3強が市場シェアを掌握する業界地図が短期間で大きく変化することはないとみられるものの、消費者の志向が多様化する中で引き続き中堅ブランドがシェアを伸ばすとみられている。


【亜州IR】




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below