Reuters logo
【中国】再生可能エネで「国際協力強化」、当局が20年までの発展計画
2017年2月11日 / 21:54 / 9ヶ月後

【中国】再生可能エネで「国際協力強化」、当局が20年までの発展計画


*06:45JST 【中国】再生可能エネで「国際協力強化」、当局が20年までの発展計画
中国国家エネルギー局はこのほど、同国の再生可能エネルギー産業に関する2020年までの発展計画を発表した。「国際協力を強化し、経済のグローバル化と世界のエネルギー転換の流れに対応していく」との内容だ。中国新聞網が2日付で伝えた。

植物由来の油や廃油から作られるバイオディーゼル油は、再生可能エネルギーの一つに位置付けられる。以前は中国でも複数のメーカーが生産していたが、過去15年間で度重なった国際原油相場の暴落によって代替需要が膨らまず、多くのメーカーが生産停止や倒産に追い込まれた。

ただ、こうした中で生き残った福建省のメーカー、卓越新能源股フン有限公司は近年、海外へのバイオディーゼル油輸出を拡大しつつある。同社は廃油からバイオディーゼル油を生産しており、現在の年産能力は10万トン余り。中国全体の生産能力の約4分の1を占める大手だ。同社のバイオディーゼル油は欧州連合(EU)の品質基準をクリアしており、昨年以降、EU諸国向けの輸出が急増中。輸出回数は過去10カ月で34回に上る。同社の売上高に占める輸出売上高の割合は60%へと拡大した。

中国当局が再生可能エネルギーの分野で国際協力を強化していく方針を示したことで、今後、卓越新能源のような企業が増えていくことが予想されている。


【亜州IR】


《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below