Reuters logo
NYの視点:トランプ政権、経済政策実施にむけたハードル高く
2017年3月21日 / 22:31 / 8ヶ月後

NYの視点:トランプ政権、経済政策実施にむけたハードル高く


*07:27JST NYの視点:トランプ政権、経済政策実施にむけたハードル高く
トランプ政権が掲げている政策の中で鍵となる医療保険制度改革案が共和党内の意見がまとまらず難航している。医療保険制度改革が成立しないと、トランプ政権の経済政策の柱となる税制改革も進まない。民主党が80年かけて成立させた複雑な保険制度を覆すことはたやすいことではないことは想定内。

トランプ大統領の勝利、就任を経て、投資家は減税やインフラ、規制緩和といった経済政策をすでに織り込んできた。トランプ大統領は掲げていた政策実施に向けて着々と対応を続けている。その傍ら、民主党が政治的な動きから意図的にトランプ政権の主要人事承認を遅らせておりなかなか主要メンバー、チームがそろわない。このため、積極的な移民法改革案の実施や意図的な機密のリークなどが問題となっている。米連邦捜査局(FBI)が米国大統領選におけるロシアの影響を引き続き捜査していることを明らかにするなるなど、現政権に対する向かい風も相当なもの。国民や企業が期待している減税、法人税率の引き下げの実施にはなかなかメドがたたず早くても本年後半になる可能性が、予想されていたとはいえ失望感にもつながっている。

そんな中、関係筋によると、ホワイトハウスはムニューシン米財務長官とともに、鍵を握る役割を担う通貨監査官に前ワンウェスト銀行の重役、ジョセフオッティング氏を指名するようだ。様々なノイズにもかかわらず、トランプ政権は選挙中に公約した政策を速やかに実行していくことが、消費者の信頼感、今後の景気見通しや金融市場動向にとり非常に重要となる。




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below